Hファクター契約

Hファクターとの契約の前に知っておきたい3つのポイント

医療機関や介護事業が行なうレセプト請求を買い取るファクタリングを専門に行なっているHファクター。実際にHファクターと契約する前に知っておくべき3つのポイントをご紹介しています。

 

Hファクター契約|手数料の確認をしっかり

 

手数料

 

レセプトを買い取り、医療・介護事業を対象にして専門にファクタリングを行なっているHファクター。実際にH・ファクターと契約する前に、もう一度確認しておくべき重要なポイントをここではご案内いたします。

 

金融機関からの借り入れや融資は、元金と一緒に金利をずっと支払っていく形になります。ですがファクタリングは長期に渡って金利を払っていくのではなく、利用するごとに手数料を支払う形になります。

手数料はファクタリング金額に対して何%というものです。ですからもし金額が大きければ手数料も当然高額になっていきます。それで見積もりや契約の前に、手数料がいくらなのかをしっかり確認しておきましょう。

では、Hファクターの手数料はいくらでしょうか?

 

Hファクターの手数料は...

 

最安で1.5%~

 

となっています。

 

上限でも

 

3%未満を約束

 

しています。

 

一般的なファクタリングの手数料というのは、ファクタリング会社によってかなり違ってきます。中には30%をとる所もあります。また、いくつかあるファクタリングの種類によっても、手数料が変わっていきます。

 

そういった中でH・ファクターの手数料は、1.5%~3%と非常に低くなっています。

 

これは業界でも最安値と言えます。

 

 

ファクタリング会社のHファクター

Hファクターのファクタリング 簡単お見積り!

Hファクターバナー

Hファクターは、医療施設や介護施設専門のファクタリングを行なっているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

Hファクター契約|買い取り金額の上限は?

 

上限金額

 

では次に、ファクタリングを行なう金額についてです。手数料が非常に安いならば、できれば用意してもらう金額もできるだけ高額で契約できるとありがたいですよね。

 

一般のファクタリング会社は3000万円までとか、5000万円までといったように上限を設定しています。

また、初回は1000万円までといったように、新規契約は金額が低めに抑えられる場合もあります。

 

ではHファクターのファクタリングの上限金額はいくらでしょうか?

 

Hファクターはファクタリングの金額に上限を持たせてはいません。1億円でも2億円でも問題なく買い取ることができます。また、新規契約でも上限はありません。

 

Hファクターは買い取り金額の上限なし!

 

通常ファクタリングの金額には上限が設定されています。ではなぜH・ファクターの契約では上限金額がなくファクタリングが可能なのでしょうか?

 

一般的なファクタリング会社は、「バックファイナンス」と呼ばれるいわゆる金主がいます。ファクタリング会社は、そのバックファイナンスから低金利でお金を借りて、そして会社を運営しています。

この場合、バックファイナンスの資金力が大変重要なポイントになってきます。その資金力が豊富だからこそ上限を決めないで、いくらでもファクタリングの契約に応じることができるんですね。

 

恐らくH・ファクターのバックファイナンスはとても強力なのだと思います。ですから、ファクタリングの上限なし!というのが可能になっているのだと思われます。

 

たとえば、事業を拡大したい、もう一つ事業所を立ち上げるための開業資金が必要だといった、少し高額なキャッシュを用意したいというような場合でも、Hファクターは強い味方になりそうですね。

 

Hファクター契約|審査に通る条件は?

 

審査に通るか通らないか

 

Hファクターにファクタリングの依頼や契約をする前に、もう一つ確認しておきたいことは、それはぶっちゃけ審査に通るの?通らないの?

ということではないでしょうか?

 

もし審査に通らない可能性が高いなら、問い合わせたりする時間ももったいないですよね。

 

Hファクターとファクタリング契約をしようと思っても、残念ながら審査に通らない会社は実はあります。

それはどういう業種や会社でしょうか?

 

Hファクターはファクタリング契約をする業種と業態を限定しています。それで下記に該当しない業種や業態の場合は審査に通らないと言えます。

 

 

・医療法人

・病院やクリニック

・歯科医院

・老人ホーム

・高齢者専用住宅

・障がい者支援施設

・放課後等デイサービス

・その他介護施設

 

 

上記からも分かるように、Hファクターが契約をするのは、医療と介護の分野で事業をしている方に限定しています。

いわゆる国保連や社保にレセプト請求を行なっている事業者が対象となります。

 

レセプト請求を行なっている事業者が対象

※ レセプト請求を行なっていても鍼灸医院などは対象になりません。

 

もし上記の業種に該当するならファクタリング契約の審査はほぼ通ると見込めます。早速問い合わせをして、素早く資金繰りを改善してみることができますね。

 

 

ファクタリング会社のHファクター

Hファクターのファクタリング 簡単お見積り!

Hファクターバナー

Hファクターは、医療施設や介護施設専門のファクタリングを行なっているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

 

Copyright© Hファクター契約 , 2018 All Rights Reserved.